デザインコンテスト コンペ 公募のNPO法人日本総合デザインサポート協会(JGDSA) 

 | INFORMATIOIN

㈲吉田石材店へ見学に行きました!

大分県宇佐市にある老舗の石材店、『有限会社吉田石材店』に見学へ行ってきました!

 

新しいものづくりに挑戦していく当法人にとって、製造業社の開拓が肝となります。
今回は大分県商工労働部の友永さん・宇佐商工会議所の松浪さんにご紹介いただき、未だお付き合いの無かった、”石材”を扱う企業の工場見学をさせていただきました。

 

 

005_0825

 

国宝の『宇佐神宮』もある大分県宇佐市。(写真は車窓からの風景)

グリーンとブルーのコントラストが非常に美しい、雄大な自然が広がっていました。

 

 

創業以来四代にわたり続いているという老舗の石材店・吉田石材店の大きな特徴は、”国産の石”にこだわり続けているということ。
輸入の石を使った墓石が主流となっている中、吉田石材店では、お客様に”より良いものを提供したい”という想いから、厳選した国産の石(福岡県産・内垣石)を取り扱っているそうです。

 

 

002_160825

 

工場の中へ入るとすぐに、72インチ(約183cm)もの大口径の切削機がありました。

原石から切削して墓石にしていくため、工場内には数種類の大きさの切削機が揃っているようです。
写真だと迫力が分かりにくいかもしれませんが、これだけ大きな刃を見るのは初めてで、恐れおののいてしまいました…!

 

 

そして製造工程でどうしてもでてきてしまうという端材も見せていただきました。
何かに有効利用できないかと考えてらっしゃるようでした。

 

001_160825
004_160825
材料全て使えたら一番いいのですが、端材は製造業につきものです。
しかしそれを当たり前とせず、我々に見せていただことで、”デザインの力で何とかできないか”と考えるきっかけとなりました。

企業のためは勿論、環境のため、人々のためにも、当協会の今後の課題がまた一つ見つかりました。

 

見学・撮影に快く了承してくださった吉田石材店の皆様、誠にありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

有限会社吉田石材店

〒872-0011

大分県宇佐市大字岩保新田410-2

http://www.yoshida-sekizai.co.jp/

 

 

◎当法人では、デザイン案の具現化に協力してくださる企業を随時募集しております!お気軽にお声かけください。

 | INFORMATIOIN

展示会に向けて撮影を行いました!

11月に開催される家具見本市『IFFT/インテリアライフスタイル リビング』に向けて、本日はメインビジュアルとなる写真撮影を行いました。

 
大分のモノづくりの息遣いと職人の技を感じられるような手元写真を撮るべく、モデルは職人歴45年の高野家具製作所・高野二郎さん、撮影はNHK大分放送局の写真コーナーで講師を務めるなど、県内を中心に活躍されているプロカメラマン・タケウチトモユキさんにお願いいたしました。

 

暑い中ご協力いただきまして、誠にありがとうございました!

 

 

 

_IGP4528

 

5~6種類の砥石を使用して丹念に鉋刃を研ぐ高野さん。

 

 

_IGP4533

 

鉋掛けをする手元の写真は丁度良いタイミングが難しく、その都度調節をして時間をかけて行われました。

 

_IGP4558

 

_IGP4573

 

撮影中に高野さんが取り出したのは、『鉇(ヤリガンナ)』という室町時代以前に使われていた鉋。
名称通り槍のような形をしており、現在よく見かける台鉋が使われる以前は、この鉇(ヤリガンナ)を使用して木材の仕上げをしていたそうです。

機械化が進み職人が減っていく中、鉇(ヤリガンナ)を扱える人はもうそうそういらっしゃらないとか。

 

鉋でさえも電動式が主流となっている時代で、大変貴重な技を目の当たりにでき嬉しい反面、知らず知らずのうちに失われていく職人技や道具があることを知り、それはモノづくりが抱える課題であると痛感いたしました。

 

 

本日タケウチさんが撮影された写真は、展示ブースのバックやパンフレット等に使用いたします。

プロカメラマン・タケウチトモユキさんによる写真がどんな風に出来上がったのか、どうぞお楽しみに!

 

 

モデル:

高野家具製作所

代表 高野二郎

http://takanokagu.sunsun-net.com/index.html

 

撮影:

タケウチトモユキ写真事務所

代表 タケウチトモユキ

http://takephoto1.p2.weblife.me/index.html

 

 

 | INFORMATIOIN

第7回家具デザインコンテスト2016開催のお知らせ

2016年7月31日(土)より11月30日(水)まで、「第7回家具デザインコンテスト2016」を開催いたします。

 

今年も前回の第6回目と同じく、テーマは選択制となっております。

ご希望のテーマを選択し、ご応募ください。

※テーマごとの受賞ではなく、全テーマを通しての受賞となります。

また、その他応募に関する諸注意事項やご応募方法などをよくご確認ください。

 

<第7回家具デザインコンテスト2016>

コンテスト詳細

テーマ(2)指定素材一覧

応募要項PDF

エントリーシート(出品票)

 

<応募先>

NPO法人日本総合デザインサポート協会

〒870-0854 大分県大分市羽屋931-1

※当日消印有効

 

<お問合せ先>

info◆npo-japan.org(担当:岡元)

◆→@に変更してお送りください。

対応時間  …  平日  9:00~17:30

※お問い合わせはメールのみです。

※24時間お受けしておりますが、営業日での返信となります。

 

 

 | INFORMATIOIN

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング 出展準備中!

まだまだ梅雨があけそうにない今日この頃。

11月に2年ぶりとなるIFFTへの出展が決まり、少しずつ忙しくなってまいりました。

 

新作となる3作品の試作のため、デザイナーと協力企業と共に試行錯誤を繰り返す毎日です。

加えて、直近のコンテスト受賞作品の製品化へ向けた打ち合わせも、徐々に進んでおります!

 

今後もお知らせ&告知をいたしますので、お楽しみに!

 

 

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング

2016年11月7日(月)― 9日(水)
東京ビッグサイト 東4.5.6ホール

 

◎オーダー家具ブランド「HOZO」は、随時家具展示やイベントのお誘い&オーダー家具のご依頼を承っております!どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 | INFORMATIOIN

最終審査結果発表!

第6回家具デザインコンテスト2015」、最終審査結果を発表いたしました!

 

今回はグランプリ賞にstudio mufufuの「風花屏風」、準グランプリ賞として当コンテスト始まって以来初の連続受賞である、黒目光一さんの「the bamboo chair」、オーディエンス賞として安田大顕さんの「Fallen leaves Chair」が選ばれました。
誠におめでとうございます!

 

グランプリ賞の「風花屏風」は、現代の生活様式で減少している伝統的な家具の「屏風」を受け継ぐための提案力が高く評価されました。

製品化に向けて多少の改良が必要とされますが、具現化した際の美しさに期待が高まります。

 

準グランプリ賞の「the bamboo chair」は、竹の特性に着目し、ありそうで未だない竹のアームチェアを提案したことが評価されました。デザインに多少の工夫が必要ではありますが、竹の用途が広がる可能性を秘めている提案です。

 

オーディエンス賞の安田大顕さんの「Fallen leaves Chair」では、「自由な発想が斬新で面白い」という意見が多く見られました。

誰もが一度は考えたことがあるであろう、”落ち葉に身をゆだねてみたい”という意識を家具に落とし込むという発想が、大変斬新で面白い提案です。

 

 

また、「RIBBON TABLE」も候補として最後まで残っており、造形・機能ともに優れたデザインではありましたが、現時点の技術ではどうしても連続した波形は(繋げる手法をとった場合でも)大変高額なコストがかかる点が、スマートな見た目と価格のギャップに繋がり、審議を重ねましたが候補から惜しくも外させていただきました。

しかしアイディアとして大変興味深く、楽しい提案でした。

是非今後も様々なデザインにチャレンジしていただきたく思います。

 

 

ご応募くださった皆様、誠にありがとうございました。

またのご応募をお待ちしております。

 

 | INFORMATIOIN

【6th】二次審査一般投票受付終了!

第6回家具デザインコンテスト2015、二次審査投票の受付を終了いたしました。

 

沢山のご投票、ありがとうございました!

最終審査結果は5月末を予定しております。

 

発表まで今しばらくお待ちくださいませ。

 | INFORMATIOIN

平成28年熊本・大分地震にて被災された皆様へお見舞い申し上げます。

平成28年4月14日に発生した熊本県を中心とした大地震、また大分県等広範囲にわたる余震により犠牲になられた方々とご遺族、関係者の皆様に深くお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

また、大分県に所在している当法人を御心配してくださった皆様、誠にありがとうございました。

幸いにも被害は合っておりませんので、ご安心頂きますよう申し上げます。

 

まだ予断を許さない状況が続いております。

救援・復興支援などの活動に尽力されている方々に深く感謝申し上げます。

一刻も早く被災地の皆様が安心した日常を送れるよう、心よりお祈り申し上げます。

 

平成28年4月21日

NPO法人日本総合デザインサポート協会

 | INFORMATIOIN

【6th】二次審査一般投票開始!

「第6回家具デザインコンテスト2015」の一次審査結果発表及び、二次審査である一般投票を開始しました!

 

今回一次審査を通過したのは9作品です。

テーマが3つ設けられていることもあり、バリエーション豊富なご提案を沢山いただきました。
各テーマからの受賞ではなく、全テーマを通しての受賞のため、一次審査通過作品の中には大分県産材活用デザインや積層造形を用いたデザインも含まれます。

 

当コンテストは、これまで「製作不可能なのでは?」と思われる作品も、県内企業と協力しながら製品化に挑戦してまいりました。是非「製作不可能なのでは?」という作品でもお気に入りの作品にご投票いただき、”新しいモノづくり”への一歩を一緒に作っていきましょう!

 


投票期間:2016年3月25日(金)  ~  4月25日(月)

投票はコチラ

 

<注意>

※ご投票にはgoogleアカウントが必要となります。

※お一人様一回のみのご投票となります。

※団体(学校、企業、研究機関等)で同作品に投票するよう誘導する様な行為はご遠慮ください。


 

◎これまでの製品化作品:http://gallery-hozo.jp/

 

 

 | INFORMATIOIN

【6th】一次審査会を行いました!

本日2月22日(月)に、「第6回家具デザインコンテスト2015」の一次審査会を行いました。

 

ご応募頂いた作品一点一点に目を通し、時には議論を交わしながら厳正なる審査を行いました。

今回追加されたテーマⅡやテーマⅢへのデザインの提案もあり、今後の県内企業との展開が楽しみとなりました。

 

2_IGP3729

 

今後さらに審議を重ねまして、一次審査結果及び二次審査開始は3月下旬を予定しております。

このたびは沢山のご応募ありがとうございました。
結果発表まで今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

【コンテストフロー予定表】

◎ 一次審査結果発表&二次審査(オーディエンス賞)一般投票開始 … 3月下旬

◎ 最終審査結果発表 … 5月下旬

◎ 製品化 … 時期未定・入賞者に個別にご連絡

※審査状況によっては発表までにお時間を頂く場合がございます。

 

 | INFORMATIOIN

大分県立芸術文化短期大学の卒業制作展に行ってきました!

九州で唯一の美術系公立短大、『大分県立芸術文化短期大学』の美術科の卒業制作展を観に行ってきました。

今年の会場は、プリツカー賞を受賞した坂茂(ばん しげる)さんが設計した、2015年春にオープンしたばかりの『大分県立美術館』。

開放感のある明るい美術館へ、一般の方々も会場へ足を運んでいらっしゃいました。

 

 

2_IGP3671

 

2_IGP3648

 

2_IGP3657

 

デザインと一言で言っても、様々な種類のデザインの提案があり、見ごたえのある展示会となっておりました。

若い感性によって、伝統文化が現代に引き継がれているようなデザインがいくつか見受けられたことが、特に印象的でした。

 

当法人でも、デザインや伝統技術を通して、地域が元気になるモノづくりができるよう尽力していこうと改めて身の引き締まる思いでした。

 

今後も若い感性が育成され、世に輩出されていくことを楽しみにしております。

 

 

大分県立芸術文化短期大学

http://www.oita-pjc.ac.jp/

 

大分県立美術館

https://www.opam.jp/

 

坂茂建築設計

http://www.shigerubanarchitects.com/